腹圧の話し①~腹圧とは?~

Pocket

はてなマーク・クエスチョンマーク

『腹圧』

という言葉を耳にしたことはありますか?

腹圧とは腹腔内圧の略語のことで,
横隔膜や腹横筋などの筋肉によって
作られる内圧のことを言います.

人の骨格はこんな風に
なっています!👇

楽しみながら骨の名称を覚えられそう! 実物大の人体骨格模型を作れるペーパークラフト本 | ギズモード・ジャパン

は頭蓋骨と呼ばれ,
その下に位置する胸の辺りは
肋骨に覆われています.

周りには鎖骨・肩甲骨があり,

上腕骨から先は腕・手を構成する骨があり,背面には背骨があり,

周りには骨盤を構成する骨があります.

そして大腿骨から先が膝や足になるわけですが,

胸と腰の間のお腹の部分だけ空間がありますよね?

ここには胃腸や肝臓などの内臓が収められていますが,
それだけでは当然体重を支えるのには無理があります.

お腹の部分は体幹と呼ばれ,

まさに体の幹になる大変重要な部分!

なのに・・・

そこで重要なのが,

腹圧です!

続きはまた次回 m(_ _)m

【関連記事】

腹圧の話し②

腹圧の話し③

よくある痛みの原因4選! ①腹圧の調整ができていない