呼吸器疾患

【疾患の概要】 呼吸器とは、鼻腔、口腔から咽頭、喉頭を経て気管、気管支、細気管支までを指し、気管や気管支に異常が生じた状態を呼吸器疾患といいます。 呼吸器疾患には、慢性気管支炎、気管支拡張症、気管支ぜんそくなどがあります […]

筋挫傷/炎症

【疾患の概要】 挫傷とは、外力により皮下組織や筋肉、腱などに損傷が起きることです。 筋肉への損傷は筋挫傷ですが、外力の大きさにより、骨折・軟部組織の損傷や炎症を合併することがあります。 筋挫傷は接触の多い格闘技やサッカー […]

脊髄損傷

【疾患の概要】 背骨の中にある「脊髄(せきずい)」という大きな神経の束が手や足を動かすための運動面と、痛みや温度などを感じたりする知覚の役割をもっています。 それが、何らかの原因により傷付いた状態を脊髄損傷といいます。 […]

糖尿病

【疾患の概要】 糖尿病は、血液中を流れるブドウ糖という糖が増えてしまう、生活習慣病の一つです。 本来はインスリンによって血糖値が一定の範囲内におさまっていますが、インスリンが分泌されない状態になっているために起こります。 […]

認知症

【病気の概要】 「認知症」は特有の症状を示す、状態を総称する言葉であり、主に大脳の前頭葉の萎縮がみられます。 代表的な分類としては、アルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)で、日本では認知症全体の6割以上を占めていると […]

骨折

【疾患の概要】 骨に損傷があることを骨折と言います。一般的な「ヒビ」も骨折の一種です。骨の一部分が欠ける、凹んでいる場合も骨折と診断されます。 原因の多くは骨に外力が加わるためです。 健康で丈夫な骨は、大きな力がかからな […]

小脳疾患

【疾患の概要】 小脳は脳の中で大脳の次に大きな部位です。頭の後ろ側に位置し、主に運動機能に関係します。 そして運動体験を通し、それを認知する知覚の役割もをもつ重要な器官です。 小脳に損傷があると「失調」という状態になりま […]

パーキンソン病

【疾患の概要】 パーキンソン病は、脳の異常によって運動障害があらわれる病気です。 現在、日本だけでも約15万人の患者がいるといわれており、高齢者に多い病気です。   運動は脳の「大脳皮質」から筋肉に指令を伝えま […]

町田市の脳梗塞後遺症リハビリ

1.脳梗塞の後遺症とは 2.脳梗塞の後遺症に対する改善方法とは 3.脳梗塞のリハビリとは 4.促通反復療法というリハビリ方法について 5.実際に促通反復療法を受けられている方のリハビリ体験記 6.理学療法士からのメッセー […]