慢性化する痛み・・・よくある痛みの原因4選『②骨・関節のずれ』

Pocket

前回に続き、よくある痛みの原因の2つ目!

 

 

②骨・関節がずれた位置で固定されてしまっている!

 

 

私たちの身体には様々な左右非対称があります。

 

 

 

顔では・・・

目の大きさや前髪の生え際の位置などが左右で違う

         

 

 

臓器では・・・

肺は右側の方が少し大きい、他の臓器(心臓など)も左右のどちらか一方にしかない

     

 

 

能力では・・・

利き手と非利き手、利き足と非利き足、

利き目と非利き目がある

     「大谷 投球」の画像検索結果  「メッシ シュート」の画像検索結果

 

 

他にも手相なんかも左右の手で違いますよね!

「手相 両手」の画像検索結果

これらの左右差は、腰痛の有無に関わらずみなさんありますよね!

 

 

 

骨の位置にもほとんどの方で左右差があります!

 

 

例えば肩甲骨の高さでは

左側が少し高い方が多いですし、

骨盤は右側が少し高い方が多いです。

 

 

しかし、これらの左右差は理想的な左右差と言われています。

 

 

 

一方で、

 

・首の位置が真ん中よりも

 左右どちらかに偏っている

・大腿骨の内向き・外向きの角度が

 左右どちらかが大きい

 

などの骨の位置の左右差は痛みの原因となりやすいです。

 

 

特に脊椎では、頸椎・胸椎・腰椎の

各椎間関節がずれた状態で固定

されてしまっており、

その状態で日常を過ごすことにより

他の身体部位の筋肉の硬さや筋膜のよじれ作り出してしまっている状態の方が非常に多くみられます。

「椎間関節」の画像検索結果

 

 

 

また、

筋肉や皮膚の硬さや神経の長さの左右差は

直接的に痛みや痺れなどの原因となり、

良くない左右差となります。

 

 

 

 

 

このように、

身体にとって良い左右差と良くない左右差を細かく確認していって、

痛みなどの不調の根本的な原因を見つけていくことが大切です!