内反足の改善に向けて・・・腓骨筋群のトレーニングをしましょう!

Pocket

 

今回は、内反足の改善に向けて、腓骨筋群を意識して頂く

トレーニングをご紹介します!

リハビリdoのご利用者様から・・・

「歩く時足が内側に反ってしまう。」

「足の裏全体が接地できなくて

 不安定。」

「躓きやすくて怖い。」

 

等の声を良く聴きます。

 

原因は・・・

◉非麻痺側に過度の固定部位があることによる連合反応

 

◉体幹部の不安定性による麻痺側の過度の筋活動

 

◉麻痺による固有感覚の低下

 

等々ありますが・・・

 

 

 

 

今回は内反とは相反的な運動である外反の動作筋である

腓骨筋群へアプローチする

体操をご紹介します!

 

 

まず腓骨筋群がどこにあるのかを

ご説明します。

上の図のように・・・

腓骨筋群は・・・

 

①長腓骨筋

 

②短腓骨筋

 

③第3腓骨筋

 

の三つの筋で構成されています。

 

作用は・・・

 

①長腓骨筋、②短腓骨筋は

 ➡足関節の底屈・足の外反

 

③第三腓骨筋は

 ➡足の背屈・足の外反の補助

 

です!

 

(また、腓骨筋群の他に外反筋として長趾伸筋があります。)

 

 

 

 

では、足の外反とはどんな運動でしょうか?

簡単に言うと、足の底が外側に向かう動きです。横足根関節と距骨下関節の動きです。可動域は約20度と言われています。

この動き・・・

脳梗塞後遺症で麻痺がある方にとってはとても難しい動きです。

リハビリdoのご利用者様の方々も苦労されています。

今回は直接この運動をするのではなく効果的に腓骨筋群へアプローチできる運動をご紹介します!

 

 

 

それでは、運動を一緒にやってみましょう!

 

【関連記事】

内反足歩行の改善~内腹斜筋からのアプローチ~