腹圧の話し②

前回の記事では腹圧の役割をイメージして頂きました.

 

今回は,もう少し具体的に話していきたいと思います.

飛ぶ|球体|遊ぶ|人物 / イラスト / 無料 / 人物 / クリップアート

 

腹圧は風船のようなもので,適度に膨らんでいないと体幹を支える力は不十分になります. 

そのような状態では,たとえ手足の力がものすごく強かったとしても,身体の中心がグラグラなので踏ん張りが効かず,うまく力が出せません.

 

うまく力が出せないと,さらに頑張ろうとして本来なら必要のない過剰な力が必要になります.

その結果,腰や膝に負担がかかり疼痛を招くのです.

 

そのため,腹圧を司る腹部の筋肉を鍛えないといけません.

 

 

しかし,

そもそも,私たちの腹圧は無意識かつ自動的に圧力を調整してくれています.

無意識かつ自動的にです.

 

 

 

少し話しが反れますが,「今から腹筋を鍛えなさい」 と言われて皆さんならどんなことを行うでしょうか?

 

 

おそらく,多くの人は仰向けになってがむしゃらに上半身を起き上がらせたり,

逆に下半身だけ上げてみたりするのではないでしょうか?

腹筋を鍛える / クリップアート/イラスト/フリー素材/デザイン使える筋力を鍛える / クリップアート/イラスト/フリー素材/デザイン使える

 

これらのいわゆる筋トレは,鍛えたい筋肉に合わせた運動を意識的に行い,ある程度の時間と労力をかけて筋肥大を促すものです.

他にも,体幹トレーニングとしては四つ這いになって片手・片脚を上げてバランスを保とうとするものなども有名ですよね!

 

 

腹圧も筋肉なんだから,そうやって鍛えればいいんでしょ?

その通りです.シンプルです.

 

 

ですが,先ほども申しましたように,本来腹圧は無意識かつ自動的に働いています.

 

 

無意識に働く筋肉を 意識的に鍛える・・・??

 

 

なにか違和感ありませんか?

難しい問題|悩む|クエスチョン|調べる / イラスト / 無料 / 人物 / クリップアート

 

 

 

次回は,どのようにして腹圧を鍛えていくか,について綴っていきたいと思います!