腰痛の原因はこれ! ③仙腸関節の問題

Pocket

さて、今回は仙腸関節の問題について
ご紹介していきます!

数ある腰痛の原因の中でも、
仙腸関節に何かしらの問題がある方が
多くいらっしゃいます。

どんな原因があるかを知って頂くことで、
少しでも予防や痛みへの対応の
参考にして頂ければと思います!

<仙腸関節の特徴>

骨盤は、仙骨・腸骨・恥骨・坐骨という骨で構成されています。

仙腸関節はその骨盤にある関節で、
仙骨と左右の腸骨で構成されています。

仙腸関節炎を治す!>骨盤ベルト

肩関節や股関節などは自由度が高く
様々な動かし方ができますが、

仙腸関節は靭帯で強く結びつけられているため、
数ミリの可動性しか持っていません。

しかし、

脊椎や下肢の動きに協調して仙腸関節が
数ミリ動いてくれることで、

腰にかかる衝撃を緩和する役割を
担ってくれています!

では実際にどのように動くかというと、

・仙骨が前方に傾く、「うなずき」

・仙骨が後方に傾く、「起き上がり」

と呼ばれる動きをします。

実際には仙骨だけ動くということはなく、
左右の腸骨も仙骨の動きに合わせて
前後に傾きます。

仙腸関節が原因となっている腰痛の特徴としては、

●左右どちらかの腰・お尻付近・下肢に痛み・不調がある

●腰~お尻の辺りでピンポイントで痛い箇所がある

●長時間の立位・座位保持で痛みが増悪し、寝ると軽減する

●寝てすぐは平気だが、朝起きると痛みを感じる

などの症状をお持ちの方が多い印象です!

🔴仙腸関節のロック・アンロック

例えば、右足で片足立ちをするとき、

仙骨はうなずき運動
右側の腸骨は後方に傾くことで

仙腸関節を結合している靭帯が緊張し、
関節はロックされて体重を支えるための
強固な支えとしての役割を果たします。

このロックされた状態(仙骨がうなずいている状態)は

手足の力を伝達する機能としても有利になりますが、

このロックした状態が長時間続くと・・・

靭帯は緊張しっぱなしとなってしまい、
当然負担としては大きくなってしまいます。

また、

靭帯が適度に緊張していれば
関節としては支えられていますが、

靭帯が負担に耐え切れなくなって
緩んでしまったり伸びたりしてしまうと、

関節が不安定となってしまい衝撃を吸収できなくなります…

通常、

立っているときは完全なロックにはならないのですが、

・反り腰
骨盤を前方に突出させた姿勢

となっている場合は、
ほぼ完全にロックされてしまいます。

また、

座っている姿勢も仙骨はうなずき運動をしているため、
長時間座った状態で何か作業をしていることによっても、

仙腸関節にトラブルが生じる可能性があります!(゚O゚)

🔴仙腸関節の形態変化

寝ているときは、
仙骨は起き上がり運動をして緩む位置になります。

そうすることで、

寝返りをして身体の向きを変えた際に、
骨盤が重力に対して適度につぶれるように
柔軟に形を変えてくれます。

しかし、

仙腸関節を結合してくれている靭帯や
周囲の結合組織が硬くなっていて、

寝返りに合わせて形態変化が起きなかった場合、

重力に抗する形となって
やはり負担がかかってしまいます。

☆まとめ☆

🔴仙腸関節にはロックされる動きとアンロックされる動きがある

姿勢不良や長時間の立ち仕事・座位姿勢が続くことで、
ロックされっぱなしとなり負担がかかってしまう!

🔴運動や体位変換に合わせて形態が変わる

運動や体位変換に応じて
柔軟に骨盤の形が変わることで、
身体にかかる負担を減らしてくれている!

この柔軟さが失われることで、
腰痛が発生してしまう!!

以上になります!

いま現在、慢性的な腰痛にお困りの方は、

思い当たる姿勢や痛みなどはありましたでしょうか?

もしありましたら、
その腰痛の原因は仙腸関節かもしれません….!

そうであっても、

仙腸関節が原因となっている腰痛を
お持ちの方は多くいらっしゃいます。

あなただけ、ということは決してないのでご安心ください!

そして、

ぜひお近くの整体院などにご相談頂ければと思います。

ちなみに、

リハビリdoで行っている仙腸関節由来の腰痛の治療としては、

◎姿勢調整

◎腹圧の調整

◎硬くなっている靭帯・筋膜の緩和

◎ご自身で行える体操やストレッチのご提案

などになります!

もし特に普段利用している施設などがなければ、
遠慮なくリハビリdoまでご連絡・ご相談くださーい!(^O^)

お身体の不調でお困りの方はこちらをチェックしてみてください!

【関連記事】

🔴腰痛の原因はこれ!シリーズ

①胸椎-肋骨編 ②腰椎編

🔴よくある痛みの原因シリーズ

①腹圧編  ②骨・関節編 

 ③固定部位編  ④足の姿勢編