「良いかげんのからだ」①

Pocket

初めまして!
11月9日に開設した「リハビリdo(りはびりどう)」で働いている理学療法士です。
理学療法士になって18年…
コチラのブログではその18年の中で考えてきた「理学療法士にできること」を綴っていけたらと思っています!

 

 

さて、記念すべき第1回のテーマは「重力」についてです!

「重力」という単語でパッと思いつくものってなんでしょうか?

 

宇宙など広大なものや、そんな題材の映画なんかもありましたよね。
中には物理の授業とかの複雑な計算式とか思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんな一見、理学療法士とは縁のなさそうな「重力」ですが、実は私達の生活にとっても深く関わっている「基本」でもあります。

 

年を取ると「身長が縮んだ…」なんて声、聞いたことありませんか?
都市伝説のように、そんな事ありえないでしょう…と思いきや、実は私自身も10年前に比べて1.5cm身長が縮みました。
これ、「重力」が関係してる可能性があるんです。

 

体感ではわかりませんが、地球は24時間で4万kmも動いていると言われてます。

そして時速で換算するとものすごいスピードなんです。(時速約1700kmだそうです。)

常にそんなスピードで回っているこの星の環境に適応していくために、私達の体はできています。

そしてその過酷さに、年を重ねるに連れてカラダが負けていってしまうんですね。

 

ではそんな「重力」に抗した姿勢を保つためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

続きは次回お話したいと思います!