脳血管疾患

Pocket

【病気の概要】

「脳血管疾患(脳卒中)」とは、脳の血管がつまる「脳梗塞(のうこうそく)」と脳の血管が破れる「脳出血」や「くも膜下出血」の2つに分けられます。 脳卒中の罹患者は現在約150万人といわれています。

がんと心臓病に次いで死因原因の3位となっていますが、寝たきりになる原因では3割近くが脳血管疾患となります。

脳卒中の患者は2020年には300万人を超すと予想されています。

その背景には、糖尿病、高脂血症など生活習慣病の患者が増加していることに加え高齢者の激増も要因となっています。

 

【症状】

脳の損傷部位や程度により、手足の運動障害や感覚障害のようにわかりやすい症状から、言葉が不自由(失語)になったり、性格が激変してしまう症状(怒りやすくなる)などの見た目ではわかりにくい症状まで、十人十色となります。

代表的な初期症状は、頭痛・めまい・意識低下・手足の感覚異常・言語能力の低下・視覚の異常・バランス低下などが挙げられ、さらには記憶障害やけいれん発作も起こす場合があります。

発症後の症状としては、脳の損傷部位とは反対側の手足の運動障害(意図した通りに動かせない),感覚障害(触覚が鈍い・動かされているのがわからないなど),顔面筋の麻痺(まぶたや口角が下がる)などの後遺症が現れ、日常生活や仕事に大きく影響を与えます。

 

【脳卒中の施術方法】

脳卒中(脳梗塞、脳出血)を発症すると、出血部位によって手足の麻痺など様々な症状がみられます。

発症早期は治療上の必要性から安静にしていることが多いですが、寝たままでは廃用症候群を招くことになるため、身体状況が落ち着いたらすぐにリハビリを開始することが必要となります。

 

【施術の流れ】

脳梗塞・脳出血の後遺症は個々によって異なるため、その方の年齢・症状・身体状況などに適した内容が必要になります。

Step1.カウンセリング・アセスメント(評価)

セラピストがカウンセリングとアセスメント(評価)結果を丁寧にご説明します。ご利用者さま個々の目標を一緒に考え、リハビリプログラムを組みます。

 

Step2.リハビリ

カウンセリング・アセスメント(評価)から利用者さまに最適なオーダーメイドプログラムで施術を行います。

例えば、一人で外を歩くことが目標の方に、足の筋力やバランス、関節の硬さなどを改善する内容で行い、その後実際に外を歩くなど変化を実感して頂きます。

 

Step3.内容のフィードバック、結果共有

リハビリした後にはご意見をいただき、担当者からも毎回のリハビリ結果をお伝えます。お互いの目標が共有されることによってより質の高いプログラムにしていきます。

 

 

【こんな方にお勧め】

・完全マンツーマンでリハビリをしたい方   ・オーダーメイドで手厚いリハビリをしたい方  ・量、質ともに充実したい方

・一人や家族では思うように進まず、専門家の意見が聞きたい方

 

【注意点】

抱えた問題を一人やご家族さまだけで抱え込まないようにしましょう。

前向きな気持ちが体にも良い影響があります。勇気をもってチャレンジしていきましょう。

効果には個人差がありますが、正しい内容でリハビリを行うことで効果を高めることが可能です。